おうし座流星群2021大阪のピーク時間や方角は?おすすめスポットも!

季節・イベント
スポンサーリンク

2021年のおうし座流星群は、11月12日(金)に北群の流れ星のピークとなる極大を迎えます。

おうし座流星群は、放射点が南北に分かれているため、『おうし座南流星群』と『おうし座北流星群』とがあります。

 

北群の活動時期は「10月20~12月10日」となっており、11月12日頃が最も活発で、12日夜中から13日にかけてが見ごろとなっています。

流星数は数個程度と少なめですが、『火球』と呼ばれる明るい流星を偶然目にすることも多い流星群のようですので、できればピーク時間にベストな方角や方向で、ベストな場所で鑑賞したいですよね!

 

そこで気になるのは「おうし座流星群2021大阪のピーク時間や方角(方向)は?」「大阪で見える場所のおすすめスポットは?」「おうし座流星群2021大阪の天気は?」などが気になるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

  • おうし座流星群2021大阪のピーク時間や方角(方向)は?
  • おうし座流星群2021大阪の見える場所とおすすめスポットは?
  • おうし座流星群2021大阪の天気は?

についてお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

おうし座流星群2021大阪のピーク時間や方角(方向)は?

おうし座北流星群 2021年|88星座図鑑

引用元:https://www.study-style.com/seiza/meteors/Taurids-nta.html

おうし座流星群2021の大阪のピーク時間や方角は以下のようになります。

  • ピーク時間:11月12日(金)午後9時以降
  • 方角(方向):全方角(方向)
  • 見える時間:12日(金)夜中から13日にかけて

 

おうし座流星群2021が大阪で見える時間は、11月12日(金)午後9時以降にピーク(極大)を向かえます。

しかし、おうし座流星群は、他の流星群とは違い大きなピーク(極大)時間はないため、長い期間にわたって1時間に数個ほどの流星を見ることができます。

 

おうし座流星群が見える日は…

●2021年10月20日(水)~12月10日(金)

 

また、2021年のおうし座流星群が大阪で見える方角は、どの方角からでも見ることができます。

ですので、空の広い範囲を見渡すことがポイントです。

ただ、12日(金)は半月に近いため月明かりで見づらい可能性があります。

 

なので、月明かりや人工の明かりを視界に入れないようにし、空全体を眺めることもポイントとなります。

全天をくまなく見ると良いそうです☆

 

おうし座流星群は、放射点を中心に放射状に出現しますので、空全体に現れどの方角からでも見ることはできますが、いつどこに出現するかはわかりません。

 

そして見える時間は、12日(金)夜中から13日にかけてが見ごろとなっています。

極大1時間あたりの流星数は2個程度のようですが、『火球』と呼ばれる明るい流星が多く流れ、偶然目にすることも多い流星群となっています。

 

2021年11月6日(月)に『火球』と見た方がいました。

11月17日(水)~18日(木)にかけては、しし座流星群が見ごろのピークを迎えますので、一緒に楽しむことができそうです。

おうし座流星群2021は、ピーク(極大)時間はハッキリと決まっていませんので、前後数日間で観測ができそうですね。

 

おうし座流星群2021の観測ポイントをぜひ頭に入れて、夜空を見上げてみてくださいね☆

スポンサーリンク


おうし座流星群2021大阪の見える場所とおすすめスポットは?

おうし座流星群2021大阪の見える場所とおすすめスポットを3つ紹介していきます。

おすすめスポット大阪・町立みさき公園

大阪の町立みさき公園は周りに高い建物がなく、空全体を見渡すことができるため天体観測におすすめのスポットとなっています。

 

住所:〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪3998

みさき公園は2020年3月31日で閉鎖となっており、現在は緑が広がる公園となっているようですね。

おすすめスポット大阪・ちはや星と自然のミュージアム

ちはや星と自然のミュージアムは、星見台もあり月に1、2回の割合で夜の星空観測会が行われています。

なので、気兼ねなくおうし座流星群を観測しに行くことができそうですね☆

 

住所:〒585-0051 大阪府南河内郡千早赤阪村千早

所在施設:大阪府民の森 ちはや園地

ちはや星と自然のミュージアムの詳しい情報はこちら

おすすめスポット大阪・長居公園

大阪の長居公園は、お花見でも有名な場所です。

広大な公園ですので、空を広範囲に眺めるのには最適な場所となっています。

駐車場も近隣にあり、アクセスも良いことから人気のおすすめスポットとなっています。

 

住所:〒546-0034 大阪府大阪市東住吉区長居公園1−1

TEL:06-6694-9007

長居公園の詳しい情報はこちら

 

お気に入りの場所で、最高の天体観測を楽しんでくださいね☆

スポンサーリンク


おうし座流星群2021大阪の天気は?

おうし座流星群2021大阪の11月12日(金)の天気は、『晴一時雨』となっています。

おうし座流星群2021は、12日に限らず前後数日観測できる可能性がありますので、11日(木)~14日(日)までの大阪の天気を紹介します。

 

<11月11日~14日の大阪の天気>

  • 11日(木):曇のち雨 降水確率40%
  • 12日(金):晴一時雨 降水確率40%
  • 13日(土):晴 降水確率10%
  • 14日(日):晴 降水確率20%

大阪の天気は11日と12日はあまり良くありませんが、13日と14日は『晴』となっているため、おうし座流星群が見える可能性が高そうです!

スポンサーリンク


まとめ

今回は「おうし座流星群2021大阪のピーク時間や方角は?おすすめスポットも!」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

おうし座流星群2021大阪のピーク時間は『12日午後9時以降』で、見える方角は『全方角(方向)』から観測が可能となっています。

 

おうし座流星群2021は、他の流星群とは違い大きなピーク(極大)時間はないため、長い期間にわたって1時間に数個ほどの流星を見ることができます。

見える時間は、12日(金)夜中から13日にかけてが見ごろとなっています。

 

おうし座流星群2021大阪は、12日(金)が半月に近いため月明かりや人工の明かりを視界に入れないようにし、空全体を眺めることがポイントとなります。

 

おうし座流星群2021大阪の見える場所とおすすめスポットは「町立みさき公園」「ちはや星と自然のミュージアム」「長居公園」の3つを紹介しました。

参考にしてみてくださいね。

 

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました