立川談洲の年収がヤバイ!イケメン顔写真や血液型などプロフィールも!

エンタメ
スポンサーリンク

相席スタートの山崎ケイさんが落語家の立川談洲さんとの結婚を発表されましたよね!

結婚相手で旦那(夫)となる立川談洲さんの読み方は『たてかわ だんす』と読むようです!

 

ここで、立川談洲(たてかわ だんす)さんって誰?って思った方は多いと思います。

立川談洲(たてかわ だんす)さんは元お笑い芸人さんのようで「大江すぐる」という名前で芸人活動をしていたみたいです。

 

そこで、今回相席スタートの山崎ケイさんと結婚した相手ということで「立川談洲の年収がヤバイ?」「イケメンだけど顔写真はある?」「立川談洲の血液型やプロフィールは?」などが気になるのではないでしょうか?

 

そこで今回は

・立川談洲の落語家としての年収がヤバイ?

・立川談洲のイケメン顔写真と世間の声

・立川談洲の血液型やプロフィール経歴

についてお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

立川談洲の落語家としての年収がヤバイ?

立川談洲(たてかわ だんす)さんは、現在、落語家の「二つ目」として活躍されています!

落語家の階級別年収を調べてみました。

・見習い:120万円
・前座:360万円
二つ目:550万円
・真打:650万円以上

前座の出演料は実際、5000円から3万円程度と幅があります。

また、高座に上がる師匠の身の回りのお世話をすると、師匠から給金がでるとのこと。

 

立川談洲(たてかわ だんす)さんの「二つ目」になると、出演料も2万円から15万円になり、年収だと約550万円なるということです。

 

「二つ目」を10年することで、「真打ち」に昇進することができます。

ここで年収がかなりあがります!

 

これから有名になってテレビ出演やCMに出たりするようになると、さらに年収アップになりますよね!

 

そして、笑点の桂歌丸さんクラスになると、1回のテレビ出演時のギャラが、75万~100万円になるそうです!

なんと最高年収は4,800万円にもなるようです!!!

 

なので、立川談洲(たてかわ だんす)さんも、将来的にかなりの高収入になる可能性があるということですね!

スポンサーリンク


立川談洲のイケメン顔写真と世間の声

立川談洲(たてかわ だんす)さんが「結構イケメンじゃん!」と話題になっていますよね!

▼立川談洲(たてかわ だんす)のイケメン顔写真

引用元:Yahoo!japan

引用元:Yahoo!japan

 

確かに、キリッとしていてカッコイイ感じですね!

上記の写真を見ると、お茶目のところもありそうですね。

 

そこで、世間のみなさんの声がどのような感じなのか見てみましょう♪

お相手知らない人だけどイケメンだね
けいちゃん好き

お相手なかなかカッコイイね。お幸せに

和牛の2人混ぜたような顔だね
結構カッコ良いと思う。

おめでとう!なかなか女芸人は良い男を捕まえられないとか言われてたけど、良い男そうでよかった。

あらーーーっっ!こらまたシュッとしたイケメンやないの~!
まあまあまあ!それはそれはおめでとう!!!!!!

写真見るとイケメンですね!
ちょっと若い頃の三田村邦彦さんに似てる!羨ましい

なんかどっかで見たことあると思った!確かに水田にすこーし川西を混ぜた顔。

引用元:ガールズちゃんねる

やはり、立川談洲(たてかわ だんす)さんのことを、「かっこいい!」「シュッとしていてイケメン」と言う声は多かったですね。

 

他には、「和牛の2人を混ぜたよう顔」と言う声もちらほらありました。

「若い頃の三田村邦彦さんに似てる」と言う人もいましたね。

 

見た目からも良い男の人に見えますよね。

今後、面白い新婚生活のエピソードなどが聞けそうなので楽しみです♪

スポンサーリンク


立川談洲の血液型とプロフィール経歴

立川談洲(たてかわ だんす)さんのプロフィールと経歴について調べてみました!

立川談洲(たてかわ だんす)のプロフィール

名前(芸名):立川談洲(たてかわ だんす)
本名:大江卓(おおえ すぐる)
生年月日:1987年10月14日
年齢:33歳 (2020年10月14日現在)
出身地:富山県射水市
血液型:B型
身長:調査中
職業:落語家(所属:落語立川流)

立川談洲(たてかわ だんす)さんの血液型はB型でした。

生年月日が1987年10月14日なので、結婚を発表した2020年10月14日で「33歳」となったようですね!

この10月14日は山崎ケイさんのお父さんの誕生日でもあるみたいです。

 

相席スタートの山崎ケイさんは、1982年6月生まれなので結婚を発表した時点で38歳になり、姉さん女房になるわけですね。

 

そして、立川談洲(たてかわ だんす)さんの本名は、大江卓(おおえ すぐる)です。

しかしなぜ「だんす」という面白い名前になったのでしょうか?

それは、立川談洲(たてかわ だんす)さんは、「ヒップホップダンス基本技能指導士」の資格をお持ちで、ダンスが得意だからなようです!

▼その動画がこちら

この特技が「立川談洲(たてかわ だんす)」という芸名の由来となっているようです!

立川談洲(たてかわ だんす)の経歴

立川談洲(たてかわ だんす)さんの出身高校について調べてみると、「富山県立大門高校」で、高校は卒業しておらず中退したそうです!

その後、大検を取得し「玉川大学」へ進学しました。

しかし、こちらも卒業はしておらず1年で中退されたそうです。

 

大学中退後は、東京NSCに入学し、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のピン芸人「大江すぐる」という芸名で芸人活動をしていました。

2013年4月に「エレファンツ」という4人組のお笑いグループに加入!

しかし、約2年後の2015年5月にグループ解散となりました。

元エレファンツということを知っている人もいるようでした。

すみません、私はしりませんでした(汗)

 

引用元:Yahoo!japan

そして、2016年12月に落語家を目指すためよしもとを退社。

当時29歳の2017年1月に現在の師匠である立川談笑に入門。

 

入門から約年2後の2019年12月には、落語家の階級「二つ目」に昇進。

年収のところでもありましたが、落語家になるまでには、「前座見習い」「前座」「二つ目」「真打ち」という階級があります。

 

「二つ目」を10年ほどやると「真打ち」となり独り立ちとなるようです。

立川談洲(たてかわ だんす)さんは、昨年末に二つ目に昇進したということなので、これからどんどん活躍されていくのではないでしょうか!

スポンサーリンク


まとめ

今回は「立川談洲の年収がヤバイ!イケメン顔写真や血液型などプロフィールも!」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

立川談洲さんは現在「二つ目」なので、年収は約550万円ということがわかりましたね。

これからどんどん活躍されると、かなりヤバイ年収になるということでした。

テレビ出演が増えると一気に収入が増えるのではないでしょうか!

 

イケメンということでも話題になっているので、これからさらに注目されるかもしれませんね。

そして、昨年末には「二つ目」に昇進し、今回結婚もされてますます頑張られるのではないでしょうか!

今後の活躍を楽しみにしましょう♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それではこの辺で失礼いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました