さいとうたかをの娘と妻の家族構成は?自宅は岩手県花巻市にもある?

トレンド
スポンサーリンク

漫画家である『さいとうたかを』さんが、すい臓がんのため24日にお亡くなりになられました。

『さいとうたかを』さんは、”ゴルゴ13”の作品で知られ、53年間も連載が続きとても多くのファンがいらっしゃいます。

 

そんの『さいとうたかを』さんの死去には、多くの方が驚かれたと思われます。

そこで今回は、『さいとうたかを』さんの娘さんや妻の家族構成について紹介していきます。

 

また、『さいとうたかを』さんは東京都中野区に在住との事ですが、どうやら岩手県花巻市にも居を構えているそうなんです。

 

そこで今回まとめたのがこちら。

  • さいとうたかをの娘と妻の家族構成・顔画像は?
  • さいとうたかをの自宅は岩手県花巻市にもある?

についてお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

さいとうたかをの娘と妻の家族構成・顔画像は?

さいとうたかをさんの家族構成を調べていくと、3人の女性と結婚し、離婚を2回しているようです。

娘さんは3人おり、1人は還暦を迎えているとのこと。

 

2018年のインタビュー記事で以下のように語っていました。

最初のカミさんとのあいだに生まれたいちばん上の娘が、このあいだ還暦になりました。

このことから、一番上の娘さんは現在『63歳』ということがわかります。

また、お孫さんは1人いて、女の子ということだけがわかっています。

 

元妻の1人は、『セツコ・山田』さんという方で、セツコ・山田さんが19歳の時に、『さいとうたかを』さんと結婚されています。

こちらのツイートの1枚目の写真、2列目一番左に写っている黒い服の女性が『セツコ・山田』さんです。

この写真は、結婚当時なので本名の『斉藤節子』で表記されています。

 

セツコ・山田さんも漫画家で現在、猫漫画を中心に描いています。

現在のセツコ・山田さんの顔画像はこちら

セツコ・山田さんが描いた猫の絵で、グッズがたくさん販売されているようです。

■じゃんぐる堂の店:https://suzuri.jp/jungledo

 

セツコ・山田さんと、さいとうたかをさんの間には2人の娘さんがいらっしゃいます。

2人の娘さんの顔画像は見つけつことが出来ませんでした。

 

2人の娘さんは、『じゃんぐる堂のぷー&すー』として、同人誌をメインに商業誌でも活動しているようです。

 

すーさんのほうがお姉さんになるようです。

猫が大好きなご家族のようですね☆

 

セツコ・山田さんとの結婚が一番最初のようですね。

セツコ・山田さんと離婚後、『さいとうたかを』さんは2回結婚し、計3回の結婚歴があります。

現在は妻(嫁)がいるようですが、顔画像など詳しい情報はみつけられませんでした。

 

なぜ現在は妻(嫁)がいるのかわかったかというと、以前のインタビューで『さいとうたかを』さんは、仕事でやり残したことを以下のように語っていました。

 仕事以外でやり残したこと? まあ、私生活だね。やり残したというかやり損ねたというか。亭主も父親もまともにやれなくて、2回結婚に失敗しました。

引用元:週刊朝日

このことから、3回目の妻(嫁)とは離婚はしていないということがわかりますね。

 

3人目の娘さんは、2回目に結婚した人との子供なのか、現在の妻(嫁)との子供なのかは、わかりませんでした。

また、詳しい情報がわかりましたら、追記していこうと思います!

スポンサーリンク


さいとうたかをの自宅は岩手県花巻市にもある?

『さいとうたかを』さんの自宅は、東京都中野区とのことですが、岩手県花巻市にも自宅があることがわかりました。

『さいとうたかを』さんの妻の出身が岩手県であるため、岩手にも自宅を構え執筆活動をしていたそうです。

テレビ岩手でも放送されていました。

その動画はこちら

 

『ゴルゴ13』の作中に岩手県出身の商社マンをたびたび登場させたり、漫画の中に岩手県への思いが示され、「岩手の魅力発信に貢献した」として、県からも表彰されています。

スポンサーリンク


さいとうたかをのプロフィール

  • 名前:さいとう・たかを
  • 本名:齊藤隆夫
  • 生年月日:1936年11月3日
  • 年齢:84歳でした
  • 職業:漫画家
  • 代表作:ゴルゴ13
  • 趣味:テレビや映画鑑賞
  • 最終学歴:堺市立福泉中学校

『さいとうたかを』さんは5人兄弟の末子として和歌山県和歌山市で生まれました。

しかし、生後間もなく大阪府堺市に移ったため、育ちは大阪になります。

 

1950年に中学校を卒業後、実家の理髪店で働き始めますが、仕事の合間にストーリー漫画『空気男爵』を2年近く掛けて描いていたそうです。

そしてこの作品が、『さいとうたかを』さんのデビュー作となります。(1955年)

 

1958年に上京し、さいとうたかを、辰巳ヨシヒロ、石川フミヤス、K・元美津、桜井昌一、山森ススム、佐藤まさあき、松本正彦ら8人で『劇画工房』を結成します。

しかし、ギャラの分配などで揉め、1960年春に『劇画工房』は分裂しました。

 

その後、さいとう・プロダクションを設立し、『さいとうたかを』さんのお兄さん(斉藤發司)がマネージャーを務めることになりました。

1963年には、一般漫画誌に本格進出!

 

1968年10月より、ビッグコミックにて『ゴルゴ13』の連載が開始となり、『さいとうたかを』さんの代表作となりました。

『ゴルゴ13』は、第21回小学館漫画賞、日本漫画家協会賞「大賞」、第50回小学館漫画賞審査委員特別賞を受賞しています。

 

また、2003年には紫綬褒章を受章し、2010年には旭日小綬章を受章しました。

2018年には『ゴルゴ13』連載50年となり、2020年には画業65年を迎えました。

 

2021年9月24日にすい臓がんのためお亡くなりになられましたが、連載中の『ゴルゴ13』は継続するとのこと。

これは、『さいとうたかを』さんの「自分抜きでも続いていってほしい」という遺志に沿い、さいとう・プロダクションと脚本スタッフ、連載元の「ビッグコミック」編集部との協力体制で継続させていくようです。

スポンサーリンク


まとめ

今回は「さいとうたかをの娘と妻の家族構成は?自宅は岩手県花巻市にもある?」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

『さいとうたかを』さんの娘と妻の家族構成を調べたところ、娘は3人おり、孫娘が1人いることがわかりました。

妻については、『さいとうたかを』さんは3回の結婚歴があり、2回失敗したと語っていることから、現在の妻(嫁)とは婚姻関係にあると思われます。

 

一番最初に結婚された方は、『セツコ・山田』さんという方で、セツコ・山田さんが19歳の時に、『さいとうたかを』さんと結婚されています。

『セツコ・山田』さんも漫画家で、主に猫の漫画を描かれています。

 

『さいとうたかを』さん自宅は、東京都中野区と、岩手県花巻市にもあることがわかりました。

岩手県は現在の妻の出身地のようで、岩手県の自宅でも執筆活動をしていたそうです。

 

『さいとうたかを』さんの代表作となった『ゴルゴ13』にも、岩手県への思いが示されているようですね。

今後も『ゴルゴ13』の連載は継続されていくとのことですので、注目があつまりそうですね。

 

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました