ペルセウス座流星群2021京都の方角や時間は?見える場所と穴場も!

季節・イベント
スポンサーリンク

2021年のペルセウス座流星群は、8月13日(金)午前4時頃に極大を迎え前後数時間にわたってとても活発になることが予想されています。

8月8日が新月で、12日に夜から13日の明け方にかけて、月明かりの影響がなく多くの流星を観測できようです。

 

特に今年は観測状況が良いとのことなので、できればベストな場所や方角、ベストな時間で見たいですよね!

そこで気になるのは「ペルセウス座流星群2021京都の見える方角や時間は?」「見える場所と穴場の観測スポットは?」について紹介していきます。

また、ペルセウス座流星群が見える日の天気も気になりますので、京都の天気予報も見ていこうと思います。

 

そこでまとめたのがこちら

  • ペルセウス座流星群2021京都の見える方角や時間は?
  • ペルセウス座流星群2021京都の見える場所と穴場の観測スポットは?
  • ペルセウス座流星群2021京都の天気は?

についてお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2021京都の見える方角や時間は?

2021年のペルセウス座流星群が京都で見える方角は、どの方角からでも見ることができます。

また、ペルセウス座流星群が京都で見える時間は、8月13日(金)午前4時頃に極大(ピーク)を迎え、前後数時間にわたって活発になります。

 

ペルセウス座流星群が見える日は…

●2021年8月11日(水)~8月13日(金)

 

ペルセウス座流星群は、放射点を中心に放射状に出現しますので、空全体に現れどの方角からでも見ることはできますが、いつどこに出現するかはわかりません。

ですので、空の広い範囲を見渡すことがポイントです。

見えにくい場合は、放射点のある北東の空を中心に広く見るといいとのことです。

 

そして見える時間は、21時頃から始まり、夜半を過ぎて薄明に近づくにつれて流星の数が増えていきます。

毎年夏のこの時期によく見られるペルセウス座流星群ですが、2021年は8月8日が新月で、ほとんど月明かりを気にすることなく、とても良い条件で流星を見ることができます。

 

また、最も多く流星が見られるのは、13日の夜明け近く。

ペルセウス座流星群の放射点は、夜明けが近づくにつれて高くなるので、極大時刻の条件との相乗効果で、13日明け方が最も見頃な時間帯となるようですよ☆

 

空の暗い場所でペルセウス座流星群を観察した時には、なんと1時間あたり50個程度見られる可能性もあるそうです。

流れ方はランダムとのことですので、続けて数個見えることもあれば、10分以上も見えないことも珍しくないため、数分で諦めず15分~20分は空を見上げるといいそうですよ♪

 

ペルセウス座流星群2021の観測ポイントをぜひ頭に入れて、夜空を見上げてみてくださいね☆

スポンサーリンク


ペルセウス座流星群2021京都の見える場所と穴場の観測スポットは?

ペルセウス座流星群2021の京都で見える場所と穴場の観測スポットを紹介していきます。

 

京都・将軍塚

京都の将軍塚はデートスポットとしても有名です。

夜景がめちゃくちゃ綺麗に見れますし、空も広く見渡せるので超おすすめです♪

将軍塚の詳しい情報はこちら

京都・天橋立

京都の天橋立は、天体観測スポットとして人気のある場所なんですよね。

寝っ転がりながら広い空を見渡し、降り注ぐように流れるペルセウス座流星群を眺めるのがおすすめです。

天橋立の詳しい情報はこちら

京都・鴨川

京都の鴨川はすごく開けているところなので、綺麗に見えるチャンスはありそうですね。

流星群の時には、やはりこの場所に訪れる人は多いようです。

なるべく明かりの少ないくらい場所を選ぶと綺麗に見えると思います。

スポンサーリンク


京都・山頂

どの県でもいえるかもしれませんが、山頂であれば確実に見ることができそうですよね。

もしお出かけの帰りなどに、近くに観光スポットの山があれば行ってみるのもいいかもしれません。

京都・宇治川公園

上記の写真は「ストロベリームーン」ですが、宇治川公園はとても広い公園ですし、高層マンションやビルなどもないため、広い空を見ることができます。

公園の中に駐車場もありますので、とっても便利ですよね。

しかし、道幅は狭い所があるようなので大きめの車はちょっと難しいかもしれません。

 

スポンサーリンク


ペルセウス座流星群2021京都の天気は?

2021年8月11日~13日の京都の天気をみてみましょう。

<11日~13日の天気予報>

天気予報:11日・曇時々晴、12日・曇時々雨、13日・曇時々雨
降水確率:11日・20%、12日・70%、13日・80%

 

京都の8月11日の天気予報は曇時々晴となっており、8月12日の天気予報は曇時々雨、8月13日天気予報も曇時々雨となっていました。

雨が降る確率は、11日は20%、12日は70%、13日は80%なので京都でペルセウス座流星群が見れる確率は低いかもしれません。

 

11日に少しでも見れるといいですね。

この天気予報は、8月8日現在のものとなっていますので、天気が大幅に変わる可能性もあります。

良い方向に変わることを願いたいですね☆

スポンサーリンク


まとめ

今回は「ペルセウス座流星群2021京都の方角や時間は?見える場所と穴場も!」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

ペルセウス座流星群2021京都での見える方角は、『どの方角からでも』見ることができます。

また、京都で見える時間は、8月13日(金)午前4時頃に極大(ピーク)を迎え、前後数時間にわたって活発になります。

ペルセウス座流星群が見える日については、『2021年8月11日(水)~8月13日(金)』となっており、最も多く流星が見られるのは、13日の夜明け近くです。

 

2021年に京都でペルセウス座流星群が見える場所と穴場の観測スポットは、

  • 京都・将軍塚
  • 京都・天橋立
  • 京都・鴨川
  • 京都・山頂
  • 京都・宇治川公園

がおすすめです。

 

ペルセウス座流星群2021の京都の天気は、8月11日「曇時々晴」、8月12日「曇時々雨」、8月13日「曇時々雨」となっています。

ちょっと厳しい天気となっていますが、変わる可能性もありますので良い方向に変わることを願いたいとおもいます☆

 

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました