水原一平の嫁が超美人で顔画像は?野球経験なしの経歴や給料がすごい!

スポーツ選手
スポンサーリンク

水原一平さんは、大谷翔平選手の通訳をされており、さらにホームランダービーの捕手もされたりと話題になっています!

大谷翔平選手も大変人気ですが、いつも傍で大谷翔平選手を支えている通訳の『水原一平』さんも、とても人気となっているようです。

 

そんの水原一平さんの嫁(妻)がめちゃくちゃ綺麗ということで、「嫁はどんな人?顔画像はある?」ということが気になりませんか?

また、「水原一平の野球経験なしの経歴は?」「水原一平の給料(年収)はいくら?」なども気になるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

  • 水原一平の嫁(妻)が超美人で顔画像は?
  • 水原一平の野球経験なしの経歴は?
  • 水原一平の給料(年収)はいくら?

についてお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

水原一平の嫁(妻)が超美人で顔画像は?

水原一平さんは結婚されているのですが、嫁(妻)が超美人なんです!

そこで水原一平さんの嫁の顔画像を紹介しますね。

大谷さんの隣の美女www | 赤ヘルおばさんのプロ野球一球入魂

引用元:Yahoo

一番左に写っているのが、水原一平さんの嫁(妻)です。

とっても綺麗なかたで、超美人さんですよね!

 

水原一平さんの嫁(妻)ついては、一般人のため詳しい情報は公開されていませんでした。

しかし水原一平さんと嫁(妻)は、2018年2月頃は婚約中だったことがわかりました。

それは、大谷翔平選手がロサンゼルスに向かう際に、機内でアナウンスを流したことからわかりました。

 

『僕のマネージャーがこの飛行機に乗っています。彼は僕の夢のために日々サポートをしてくれました。急にアメリカに来ることになったため、婚約者の方にプロポーズをする時間もありませんでした。彼女も今、機内にいます』

引用元:livedoor NEWS

このマネージャーというのは、水原一平さんのことです。

水原一平さんは、大谷翔平選手の専属通訳として、一緒にロサンゼルスへ渡米され、その際に婚約者の方も一緒に連れて行かれたようです。

この時の写真を見ると、水原一平さんの嫁(妻)の左薬指には指輪をしていることがわかりますよね。

上記の投稿は、2018年2月25日ですので、おそらくこの指輪は婚約指輪だとおもわれます。

 

そして、2018年のシーズン終了後には、大谷翔平選手から新婚旅行用の旅行券がプレゼントされたそうです。

ということは、水原一平さんが入籍されたのは2018年中ということが想像できますね。

 

過去に大谷翔平選手の熱愛報道が出ているのですが、その時一緒に撮られた女性は、水原一平さんの嫁(妻)だったようですね。

▼その時の写真がこちら

引用元:livedoor NEWS

この時、20代とおぼしきつややかな髪が印象的な和風美女ということで、めちゃくちゃ話題になっていました。

次に紹介する経歴からもわかりますが、水原一平さんと大谷翔平選手は公私共にとても仲がいいようですね。

スポンサーリンク


水原一平の野球経験なしの経歴は?

水原一平さんは野球経験なしで、2021年の大谷翔平選手のホームランダービーの捕手を務められました!

そこで、野球経験のない水原一平さんの経歴はどのようなものかを紹介していきたいと思います。

 

水原一平さんは、6歳まで北海道苫小牧市で過ごされていました。

経歴
1991年 アメリカ合衆国へ移住
2007年 カリフォルニア大学リバーサイド校 卒業
2010年 当時ボストン・レッドソックス所属の岡島秀樹の専属通訳
2012年 北海道日本ハムファイターズの球団通訳
2017年 大谷翔平の専属通訳
2021年 ホームランダービーで大谷翔平の捕手を務めた

 

水原一平さんの父親がロサンゼルスで板前を始めたことをキッカケに、1991年にアメリカ合衆国へ移住しています。

父親は元々は、和食料理人だったとのこと。

 

学生時代は高校まで、サッカー部とバスケットボール部に所属していました。

2007年にカリフォルニア大学リバーサイド校を卒業しています。

 

2010年より当時ボストン・レッドソックスに所属していた、岡島秀樹の専属通訳となっています。

きっかけは、ロサンゼルス・ドジャーズに所属していた、野茂英雄選手の活躍を見てMLBに興味をもったことからだそうです。

 

その後、岡島秀樹の退団により一時は職を失っていたそうです。

そんな時、知人から日本ハムファイターズが通訳を募集していることを聞き応募したそうです。

 

そして、2012年からは、北海道日本ハムファイターズの球団通訳だけでなく、ブランドン・レアードやクリス・マーティンなど、日本ハムに所属する外国人選手の通訳や生活のサポートも務めています。

 

2017年からは、大谷翔平選手のエンゼルス移籍に伴い、専属通訳となりました。

水原一平さんは、大谷翔平選手の通訳以外にも運転手やキャッチボールの相手など、公私にわたりサポートされているそうです。

スポンサーリンク


水原一平の給料(年収)はいくら?

水原一平さんの給料(年収)は公開されていませんが、おそらく2000万円ぐらいだと思われます。

 

水原一平さんは大谷翔平選手の通訳の他にも、プライベートの面でもサポートしたり、マネージャー業もされています。

一部メディアによると、水原一平さんはエンゼルスと6ヶ月更新の契約で、月の給料は40万円ほどと言われています。

 

水原一平さんの収入源は、通訳としての給与と、大谷翔平選手からと2ヶ所から収入を得ていると思われます。

メジャーリーグの通訳としての給料(年収)を調べてみると…

  • 田中将大の通訳の年収:約884万円
  • 岩隈久志の通訳の年収:約800万円
  • 青木宣親の通訳の年収:約550万円

と、このようになっています。

一般の通訳業の給料(年収)は、フリーランスの場合だと大体300万円~600万円になります。

 

大谷翔平選手の2021年7月時点の年俸は、推定『6億6000万円』とのことです。

大谷翔平選手の給料の中には、通訳の方の移動費や給料も含まれているそうです。

 

水原一平さんは、通訳だけでなく生活のサポートやメディアの相手、車の送迎やキャッチボール相手なども担当されている為、通訳以外の収入もかなりありそうですよね。

また、アメリカではチップ制度があるため、そこからの収入もあると考え、水原一平さんの給料(年収)は、2000万円くらいと予想しました。

 

今後、水原一平さんの給料(年収)について、詳しい情報がわかりましたら、追記していこうと思います!

スポンサーリンク


まとめ

今回は「水原一平の嫁が超美人で顔画像は?野球経験なしの経歴や給料がすごい!」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

水原一平さんの嫁について調べると、顔画像もあり超美人ということがわかりました!

 

水原一平さんは野球経験なしですが、父親の仕事の関係で6歳の時にロサンゼルスへ移住していたため、英語が堪能ということがわかりましたね。

水原一平さんの経歴をみていくと、2010年から通訳をされていることがわかりました。

 

水原一平さんの給料(年収)は、おそらく2000万円くらいだと予想します。

水原一平さんと大谷翔平選手は、公私共にとても仲がいいとのことなので、お互いに助け合いながらやっているのではないでしょうか。

 

今後の2人のさらなる活躍がとっても楽しみですね☆

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました