金明輝の嫁と子供の家族構成は?出身高校や経歴・年俸についても!

スポーツ選手
スポンサーリンク

新たなパワハラ疑惑が報じられているサガン鳥栖の『金明輝監督』ですが、擁護する声も出てきているようです!

金明輝監督は、2000年にジェフユナイテッド市原でプロサッカー選手としてキャリアを開始し、2011年に現役を引退、2012年にはサンガ鳥栖のスクールコーチに就任し指導者として進んでこられました。

 

そんな金明輝監督の「嫁と子供の家族構成は?」「出身高校や経歴・プロフィールは?」「金明輝監督の年俸は?」などが気になるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

  • 金明輝の嫁と子供の家族構成は?
  • 金明輝の出身高校や経歴・プロフィールは?
  • 金明輝の年俸は?

についてお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

金明輝の嫁と子供の家族構成は?

金明輝監督は、結婚して嫁(妻)と子供はいるのか調べてみました!

金明輝監督の家族構成は、嫁と子供2人の4人家族の可能性がありそうです。

 

というのも、金明輝監督が結婚しているという情報はなく、嫁と子供がいるという確かな情報はわかりませんでした。

 

ただ、2020年8月に金明輝監督が新型コロナウイルスに感染したことが発表されて時に、『濃厚接触者とされる家族3人はPCR検査で陰性』と報じられていました。

金監督は県内の指定医療機関に入院中で、11日は36度台の平熱。県によると、金監督の濃厚接触者とされた家族3人はPCR検査で陰性が確認された。

引用元:佐賀新聞

金明輝監督は現在40歳ですし、結婚して嫁と子供2人いてもおかしくはないですよね!

子供さんの年齢は、小学校低学年~中学生ぐらいかなと予想します。

 

金明輝監督は退院後にコメントを発表し、その中で『家族、友人、応援してくださるサポーターの温かい言葉に何度も救われました。』と語られています。

 

このことから、家族の方が金明輝監督を支えていたことがわかりますね。

金明輝監督が結婚して、嫁と子供がいるのか詳しい情報がわかりましたら、追記していこうと思います!

スポンサーリンク


金明輝の出身高校や経歴・プロフィールは?

金明輝監督の出身高校と経歴やプロフィールを紹介していきます。

金明輝の出身高校

金明輝監督の出身高校は『初芝橋本高等学校』です!

 

金明輝監督は、本格的にサッカーをやるために和歌山県の強豪校である『初芝橋本高等学校』に進学しました。

初芝橋本高等学校の場所

初芝橋本高等学校は、中高一貫の私立高校になります。

しかし、金明輝監督は中学校までは朝鮮学校出身でした。

  • 小学校:伊丹朝鮮初級学校
  • 中学校:尼崎朝鮮初中級学校

と、このように中学校までは朝鮮学校に通われていました。

 

尼崎の朝鮮学校からの多くの生徒は、「神戸朝鮮高級学校」か「大阪朝鮮高級学校」に進学するそうです。

しかし、金明輝監督はプロのサッカー選手を目指し強豪校の『初芝橋本高等学校』に進学したようですね。

スポンサーリンク


金明輝の経歴とプロフィール

<金明輝監督のプロフィール>

  • 名前:金明輝
  • 読み方:キン・ミョンヒ
  • 生年月日:1981年5月8日
  • 年齢:40歳(2021年9月現在)
  • 国籍:韓国
  • 出身地:兵庫県伊丹市
  • 身長:186cm
  • 体重:76kg
  • 利き足:右足

金明輝監督は、兵庫県伊丹市の出身で元プロサッカー選手で、現役時代のポジションはディフェダーでした。

現在はJリーグ・サガン鳥栖の監督をされています。

 

<金明輝監督の経歴>

経歴
2000年 ジェフユナイテッド市原でプロサッカー選手としてキャリアを開始
2011年 現役引退
2012年 サガン鳥栖のスクールコーチに就任
2013年 U-15コーチ
2014年~2015年 U-15監督
2016年 U-18監督に就任
2018年8月~ トップチームコーチを兼任
2018年10月~ マッシモ・フィッカデンティの後任として、トップチーム監督に就任
2019年 監督の座をルイス・カレーラスに譲り、再びトップチームコーチに就任
2019年5月7日 再び正式に監督に就任

金明輝監督は、2000年にジェフユナイテッド市原でプロサッカー選手としてキャリアをスタートさせました。

その後の所属クラブは以下になります。

  • 2000年:ヴァンフォーレ甲府(期限付き移籍)
  • 2002年:城南一和天馬
  • 2003年~2006年10月:佐川急便大阪SC
  • 2006年10月~2006年12月:バンディオンセ神戸
  • 2007年:アローズ北陸
  • 2008年~2010年:カターレ富山
  • 2011年:サガン鳥栖

と、上記のように数多くのクラブを渡り、2011年シーズンをもって現役を引退しました。

 

2012年にはサガン鳥栖のスクールコーチに就任し、U-15のコーチと監督を3年間務めました。

そして2016年にU-18の監督に就任し、2017年と2018年にプリンスリーグ九州で連覇に導いています。

 

2018年にトップチームの監督に就任し、就任後から最終節まで5試合で3勝2分と無敗の成績を残し、チームをJ1残留に導きました。

金明輝監督は、コーチとしてや監督としての実績をしっかり残されていて素晴らしい経歴ですよね。

 

また、金明輝監督は試合に負けた時はあまり何も言わないようですが、勝ったあとには選手にいろいろ指導するんだとか。

それは、勝った時に満足してほしくないからだそうです。

 

金明輝監督がユース時代から育てて成長していった選手も数多くおり、選手からの信頼も暑いそうですよ。

金明輝が足払いした選手は誰?松岡大起の移籍理由やパワハラ内容も!

スポンサーリンク


金明輝の年俸は?

金明輝監督の年俸は、2021年『推定1,500万円』となっています。

 

この年俸は全体ランキングの20位で、1位は横浜F・マリノスのアンジェ ポステコグルー監督の『推定2億円』となっています。

J1クラブチームの監督の中では、金明輝監督の年俸は最も少ない金額だそうです。

 

年俸が2億円〜1,500万円とかなりの開きがあるようですね。

スポンサーリンク


まとめ

今回は「金明輝の嫁と子供の家族構成は?出身高校や経歴・年俸についても!」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

金明輝監督の家族構成は、嫁と子供2人の4人家族と予想します。

はっきりと公表されていませんでしたが、2020年に金明輝監督がコロナウイルスに感染した時に、『濃厚接触者の3人の家族』と報じられていました。

 

なので、おそらく金明輝監督は結婚されて、嫁と子供が2人いるのではないかと思われます。

金明輝監督の家族について、また詳しい情報がわかりましたら追記していこうと思います。

 

金明輝監督の出身高校は『初芝橋本高等学校』ということがわかりました。

金明輝監督は、中学卒業後は本格的にサッカーをやりたいと思い、和歌山県の強豪『初芝橋本高等学校』に進学したそうです。

 

金明輝監督の経歴を見ていくと、2012年からコーチや監督として素晴らしい実績を残されていることがわかりました。

金明輝監督の年俸は、全体の中では一番低い20位となる『推定1,500万円』となっています。

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました