深田恭子の復帰はいつ?適応障害の理由やうつ病との違い・治療法は?

女優・俳優
スポンサーリンク

女優の深田恭子さんが、適応障害と診断され芸能活動を休止するとの発表があり話題になっていますよね!

深田恭子さんは、入院には至らず食事も食べれるようになるなど回復に向かい、現在は自宅療養しているようです。

 

そんの深田恭子さんの「活動復帰再開はいつ?」ということが一番気になるのではないでしょうか?

また、深田恭子の「適応障害の理由やうつ病との違いは?」「適応障害の治療法は?」なども気になるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、

  • 深田恭子の活動復帰や再開はいつ?
  • 深田恭子の適応障害の理由やうつ病との違いは?
  • 深田恭子の適応障害の治療法は?

についてお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

深田恭子の活動復帰や再開はいつ?

深田恭子さんの活動復帰や再開がいつになるかは、おそらく9月以降になるとのことです。

 

関係者によると…

担当医からは二十数年の勤続疲労も考慮し「思い切ってゆっくり休んでは」と提案があったという。休養期間については、回復の状況によるが「少なくとも降板したドラマの放送が終わる9月ごろまでは、念のため休むことになるのではないか」(関係者)と、所属事務所は慎重に判断していく。

引用元:dmenuニュース

深田恭子さんは7月期のフジテレビ連続ドラマを控えていたのですが、今回『適応障害』と診断され、降板することが決まりました。

 

ドラマを降板したということは、ドラマの1クールがだいたい3ヶ月になりますので、その空いた3ヶ月の期間はゆっくりと休まれ治療に専念されると思われます。

 

しかし、深田恭子さんの症状は一時動けないくらいの深刻な状況だったようです。

今月5月中旬に、映画の撮影を終えた直後に倒れ、搬送され点滴治療を受けていたそうです。

 

ここ最近の深田恭子さんのスケジュールはかなり激務となっていたことや、命にもかかわりそうな状況となっていたことから、もしかすると今年いっぱいは休養されるかもしれませんね。

回復状況は個人差もあると思いますし、復帰を願う方もかなり多いと思いますので、まずはゆっくりしっかり休んでいただきたいですね。

 

また、深田恭子さんの活動再開や復帰がいつなのかについて、詳しい情報がわかりましたら、追記していこうと思います!

スポンサーリンク


深田恭子の適応障害の理由やうつ病との違いは?

深田恭子さんが適応障害となった理由や、うつ病との違いはなんなのか紹介していきますね。

深田恭子が適応障害となった理由は?

深田恭子さんが適応障害になった理由は…

  • 過度のプレッシャーやストレス
  • オーバーワーク
  • 真面目な性格

などが考えられます。

 

<適応障害とは>

ストレスがかかる状況で、うまく対処できず『精神面』『行動面』に障害が起こります。

<主な症状>
●鬱々とした気持ちになる
●涙もろくなる
●頭痛
●肩こり
●食欲不振など

深田恭子さんは真面目な性格といいます。

よって、深田恭子さんはトップ女優であり、全てをしっかりこなさなければというストレスや、世間からの期待などにプレッシャーをかなり感じていたのではないでしょうか?

 

上記のツイートのように、期待にこたえようと合わせていたため体や脳が疲れきってしまったのでしょうね。

 

また、症状が悪化した理由は…

オーバーワークがあったのかもしれない」と親しい知人は明かす。撮影中だった映画に加え、降板したフジテレビ連続ドラマは近日中にクランクインする予定だった。さらに舞台作品の稽古も始まっていたという。キリン「午後の紅茶」とスマートフォンゲームの2つのCMの撮影も重なり、3週間近く激務が続いていたという。

引用元:dmenuニュース

この状況を考えると、かなりハードなスケジュールということがわかりますね!

このハードなスケジュールをこなそうと、頑張られていたためストレスがかかり、うまく対処できず『精神面』『行動面』に障害起こったんだと考えられます。

スポンサーリンク


適応障害とうつ病の違いは?

朝の情報番組『スッキリ』で、適応障害とうつ病の違いについて話してくれていました!

●適応障害・・・脳のねんざ
●うつ病・・・・脳の骨折

というようなものとのことです。

 

適応障害はストレスなどから離れることで、気分が良くなるというのがうつ病とは違うところのようです。

しかし、うつ病は休んでも症状が持続するとのこと。

 

適応障害の状態が持続することで、うつ病に進展することもあるようです。

このように適応障害とうつ病の違いについて見ていくと、適応障害のほうが軽いという印象になってしまいSNS上では心配の声があがっていました。

確かに人によって感じ方は違うので、病名だけで軽いや重いと判断はしないほうがよさそうですね。

スポンサーリンク


深田恭子の適応障害の治療法は?

適応障害の治療法は、まず『ストレスの要因を取り除く』ということのようです。

今いる環境や状況を変えることが重要となるようです。

 

例えば…

●仕事がストレスの場合・・・休職・部署異動など
●学校がストレスの場合・・・休学・教室とは別部屋で過ごす

 

また、ストレスを感じにくい考え方をトレーニングすることも有効のようです!

例えば…

『仕事で成績が出せなかった→自分は会社に必要ない』と考えるのではなく、『今回はたまたま結果が出なかった』

と、考えるようにするといいとのことです。

 

嫌な考え方をしないように、「こうすべき」→「こうなったらいいな」→「でもそうならないコトもある」というように少しずつでも考え方を変えていくといいそうです。

薬物療法には批判の声があるようです。

適応障害は薬物療法が無くても回復することが多いようなので、深田恭子さんも慌てずゆっくり静養してほしいですね。

スポンサーリンク


まとめ

今回は「深田恭子の復帰はいつ?適応障害の理由やうつ病との違い・治療法は?」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

 

深田恭子さんの復帰については、ハッキリとしたことはまだ公表されていませんが、9月以降になると思われます。

7月期の出演予定であったドラマが、約3ヶ月あるとしてその期間は休養されると考えられます。

 

しかし、深田恭子さんの適応障害の回復状況によっては、年内は休養となる可能性はあるかもしれませんね。

 

深田恭子さんが適応障害になった理由は、おそらく「過度のプレッシャーやストレス」「オーバーワーク」「真面目な性格」と考えられます。

適応障害とうつ病の違いは、適応障害は『ストレスなどから離れることで、気分が良くなる』けれど、うつ病は『休んでも症状が持続する』ことが違うようです。

 

また適応障害の治療法は、まず『ストレスの要因を取り除く』ことです。

今いる環境や状況を変えることが重要とのこと。

 

深田恭子さんは、今までトップ女優としてかなり多忙だったと思いますし、今はしっかりと休養してほしいと思います。

 

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. […] スポンサーリンク 深田恭子の復帰はいつ?適応障害の理由やうつ病との違い・治療法は? […]

タイトルとURLをコピーしました