遠藤要のボコボコ写真の画像は?現在経営の徳島バーの場所と名前についても

トレンド
スポンサーリンク

元俳優の遠藤要容疑者が、傷害の疑いで逮捕されたことが話題になっていますよね!

遠藤要容疑者は徳島市でバーを経営しており、その近くで男子大学生に顔面を数回殴ったり、下半身を数回蹴ったりし全治約1週間の怪我を負わせた疑いがもたれています。

 

そこで遠藤要さんについて検索すると「ボコボコ写真」というワードが出てきましたので、「ボコボコ写真の画像は?」ということが気になりますよね!

また遠藤要さんが経営している「徳島バーの場所と名前は?」ということも気になるところです。

 

そこで今回は、

  • 遠藤要のボコボコ写真の画像は?
  • 遠藤要の現在経営の徳島バーの場所と名前は?

についてお伝えしていこうと思います!

スポンサーリンク

遠藤要のボコボコ写真の画像は?

遠藤要さんのボコボコ写真の画像とは、以前のトラブルで「実話ナックルズ」に遠藤要さんのボコボコ写真が流出した時のことのようです。

誌面には、目線にぼかし入りの本人写真も掲載されており、頬はパンパンに腫れ上がり、目の周りはドス黒いアザもできていたとのこと。

▼その雑誌がこちら


実話ナックルズ2019年7月号【電子書籍】[ 実話ナックルズ編集部 ]

しかし、この『実話ナックルズ』は現在WEB版しか存在しなく、WEB版には”ボコボコ写真の画像”は掲載されていないようです!

 

実際にその”ボコボコ写真の画像”が見れるのは、2019年5月30日に発売された”7月号『実話ナックルズ』の雑誌だけのようです。

 

記事によれば、「有名俳優E」は仮想通過に関わり、自身の「不良人脈」などから1億円に近い出資金を集めたそうです。

しかし、その資金を「有名俳優E」は女遊びやギャンブルで使い果たしてしまい、出資者達から暴力的制裁を受け、ボコボコにされたとのこと。

 

有名俳優Eの出演作品や、違法店舗出入りにより謹慎処分になっていたこと、その後には六本木で暴行事件を起こしたこと、またSNSが1カ月ほど停止中だったことなどから、有名俳優Eは『遠藤要』さんのことではないかと噂され、ていたようです。

 

有名俳優の“顔面ボコボコ写真”が、一部マスコミ関係者の間で話題になっているようだ。登場する「有名俳優E」は、数千万円単位の大金を“横領”したことから、命に関わるような事態に追い込まれているという。そんな中、ここ最近、一部マスコミ界隈で「遠藤要が危機的状況に陥ったため、現在は逃亡中らしい」という説がささやかれているそうだが――。

引用元:exciteニュース

 

関係者の証言によれば、遠藤要さんは、このままでは殺されるかもしれないと危機感を持ち、世間に対して助けを求める為、自身のボコボコ写真をナックルズに売り掲載してもらうことで身の安全確保しようとしたのではないかと噂されていたようです。

噂なのでどこまで真実かはわかりませんが、ボコボコ写真が掲載されたことは本当のようです。

遠藤要の嫁と子供の家族構成は?俳優までの壮絶な生い立ちと経歴は?

遠藤要ルーキーズの役名はなに?踊る大捜査線の役と画像についても!

スポンサーリンク


遠藤要の現在経営の徳島バーの場所と名前は?

遠藤要の現在経営の徳島バーの場所と名前は、公開されていませんでした。

今回、傷害事件が起きた場所(市内の繁華街にあるビルの通路)の近くに、遠藤要さんが経営している徳島バーがあることはわかっています。

 

また、以下のようなツイートから徳島でバーを経営している可能性は高いと言えます!

 

また、遠藤要さんについて「遠藤要 徳島」で検索すると、「遠藤要 徳島バー」と表示されます。

しかし、現在遠藤要さんが経営しているお店が『バー』の可能性は高いですが、本当のところはわかりません。

 

おそらく遠藤要さんは、経営している飲食店に関する情報のなかで自身の名前「遠藤要」という言葉を使って宣伝などしていないことから、「遠藤要 徳島バー」と検索しても出てこないのだと思われます。

スポンサーリンク


まとめ

今回は「遠藤要のボコボコ写真の画像は?現在経営の徳島バーの場所と名前についても」についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

遠藤要さんのボコボコ写真の画像については、公開はされていませんでしたが、「実話ナックルズ」の誌面ではボコボコとなっている様子がわかる記事が掲載されていました。

 

遠藤要さんが現在経営する徳島バーについての場所と名前は、公開されていませんでした。

しかし今回傷害事件が起きた場所の近くに、遠藤要さんが経営する徳島バーがあることはわかっています。

 

もしかすると今後公開されることがあるかもしれませんので、注目したいとおもいます。

それでは、今回はここまでとさせて頂きます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました